サービス案内

エンドポイントプロテクション製品

AppGuard Enterprise

AppGuard Enterpriseとは

従来の「検知技術」型(定義ファイル、機械学習、レビュテーション、ホワイトリストなど)ではなく、攻撃の段階で脅威を遮断する革新的な特許取得済みのエンドポイントプロテクション製品です。過去18年以上一度も破られたことはなく、米国の政府機関で長年の実績があります。

米政府機関で18年以上破られたことのない革新的なセイバーセキュリティ技術

ファイルスキャンの必要がなく、PCのシステム負荷が格段に軽量

※弊社実測値(通常時)、CPU負荷0~3%、Mem使用10MB程度

パターンファイルのアップデート不要、誤検知が無く(検知概念無し)、運用が容易

従来のセキュリティ概念との違い

AppGuard®は、従来のアンチウィルス製品のようにマルウェアを検知し駆除するのではなく、システムへの攻撃を防御する製品です。

従来の検知型

AppGuard®

自動的に派生する「子プロセス」も監視

AppGuardの位置づけ

多層防御においてAppGuardは従来のエンドポイントセキュリティの『最終防御ライン』に位置づけられます。

スイスチーズモデル

AppGuardがマルウェアを防御する仕組み

AppGuardがマルウェアを防御する仕組み

システム構成および要件

システム構成

AppGuard®管理システム(AppGuard Management Cosole)

[機能]

  • Webブラウザによるポリシー作成・編集画面を提供
  • Webブラウザによるインストーラのダウンロード画面を提供
  • Webブラウザによるエージェントログ検索画面を提供
  • AppGuradエージェントへのポリシーの配布機能
  • AppGuardエージェントのログ収集/一元管理の提供

[注意事項]

  • クラウド環境利用に伴い、一部ネットワーク設定が必要になります。

AppGuard®Enterprise エージェント

[Windowsオペレーティングシステム要件]

  • Windows VISTA SP1以上(32ビット、64ビット)
  • Windows 7,8,8.1,10 SP0以上(32ビット、64ビット)

[Windowsハードウェア要件]

  • CPU 1.8GHz
  • メモリ 1GB
  • ハードディスク 10MB

EPテクノのサービス・製品に関するお問い合わせ:03-5225-9771/お問い合わせフォーム