メンタルヘルス不調者を早期発見したい!

[ストレスチェックの見直しについて]

 

 
2015年暮よりストレスチェック制度は義務化されました。メンタル不調が招く企業リスクは、年々増加傾向にあります。労災・訴訟リスク、メンタル不調退職リスク、休職者コスト増リスクなど、メンタルが引き起こす問題は、当人はもちろん、周囲の動揺も含め、社員と企業の両方に大きなリスクを与えます。
 
義務化されたストレスチェックだけを行っていれば、本当の安全配慮と言えるでしょうか?。自社のために見直す時期が来ていると思うこともあると思います。
部署ごとや、組織改組の後など、企業や事業所ごとに、それぞれの事情によりストレスチェックの実施タイミングや回数は違うはずです。
メンタルの不調を起こす不幸な社員を増やさないため、年一度のストレスチェックを見直してはいかがでしょうか?
 

 

 

 
Health Ledgerに内包される、ストレスチェックは、部署ごとや地域ごとなど、何度でも実施することができます。またセルフチェックも用意しており、気になる社員にはいつでも実施することが可能です。
人事部、産業医の専用メニューから、受診対象者管理、面接勧奨メール、面接指導管理などのストレスチェック実施運用メニュー、集団分析、受診別統計情報などを分析機能メニューを用意し、御社のストレスチェックの運用に合わせて何度でも実施することができます。

ストレスチェック実施情報管理

 ストレスチェック対象者管理

 ストレスチェック面接指導管理

お問い合わせ

CONTACT



「Health Ledger」に関するお問い合わせは、下記のリンクよりお願いいたします。

 

「Health Ledger」のリーフレットのダウンロードは、こちらから。