社員の意識を変えたい!

[社員の行動変容について]

 

 
社員の行動変容を促すためには、目的をしっかり理解してもらう必要があります。
会社が内外に社員の健康への方針を周知することで、社員の健康に配慮する会社の目的を明確にさせること、さらに、動機づけのため、各個人が変化させやすい環境を構築することが重要となります。
 
1.会社が取り組む目的を社員に理解させるため、HPやイントラサイトなどに告知する。
2.社員が目的を持ち、日々の行動を起こしやすい環境を整備し、社員が自ら利用できるように整備する。
 
例えば、会社が健康宣言を行い、現在の状況の課題を提示し、それに対する会社の方針をわかりやすく提示。さらに、その具体的施策として社員に関連のサービスを提供する。合わせて、セルフケアの重要さをレクチャする場所を設けて、社員の理解度をアップさせる。などが効果的と言われています。
 
社員の行動変容には、環境の変化を気づいてもらうこと。さらに、その環境に慣れて当たり前にになることで、自然と行動変容が促されます。決して、強制してはいけません。会社全体で、確実に変化を起こしていくことが重要です。
 

 

 

 
Health Ledgerには、生活習慣改善プログラム、家族も利用可能な保険SNS、健康ポイント機能など、社員の行動変容をサポートする機能が複数用意されています。 

生活習慣改善プログラム

 

保険SNS(専用イントラSNS)

健康ポイント
(インセンティブポイント)

お問い合わせ

CONTACT



「Health Ledger」に関するお問い合わせは、下記のリンクよりお願いいたします。

 

「Health Ledger」のリーフレットのダウンロードは、こちらから。